パラグアいぃ便り

日本からは地球の反対側。遠くはなったけど元気でやってるよ~とお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ñanduti ニャンドゥティ

DSCN6059.jpg

パラグアイが誇る伝統工芸品のニャンドゥティ。
色とりどりの糸を使った繊細な手編みのレースです。
Ñanduti は先住民族グァラニー族の言葉で蜘蛛の巣の意味です。

アスンシオンから車で約1時間半ほどのイタグアという町が、
ニャンドゥティ作りが盛んな所として知られています。

先日、イタグアの町でニャンドゥティを作り続ける女性のお宅で
作品を見せていただく機会がありました。
素人目に見ても、お店ではほとんど見たことが無いような、すごくクオリティの高いものばかりで、どれもこれも溜息が出るような美しさで感動でした!

DSCN6073.jpg

70代の国宝級の方を筆頭に、ご家族中皆で作られています。
DSCN6074.jpg

製作中の大作。
DSCN6063.jpg

眩いばかりのニャンドゥティ。
DSCN6076.jpg

爽やかなブルー系、好みなので買ってしまいました♪
DSCN6081.jpg

様々な色、デザインがあって、ずっと見ていても飽きることがありません。
DSCN6082.jpg

製作中の可愛らしい作品。
DSCN6101-001.jpg
色使いもお洒落。
DSCN6104-001.jpg

透かして見てみても、本当に美しい。
DSCN6084.jpg

時間を忘れて、うっとりしまくりの一時でした。
DSCN6094.jpg

めちゃくちゃ素敵なスカートを見つけてしまいました!
IMG_3995.jpg
さすがにこれは値が張るので、試着のみで我慢。
誰かに買って着て欲しいよ~。
  1. 2015/03/09(月) 12:27:54|
  2. お出かけ パラグアイ 近場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリプカ(罠)

アルゼンチン北部・国境の町プエルト・イグアス郊外にある、
LA ARIPUCA という施設・公園に、先日立ち寄ってきました。

アルゼンチンで農地開発の為に伐採された巨木で作られた施設だそうです。
「アリプカ」とは、グアラニー族(アルゼンチン北部~パラグアイの原住民)が、
動物を捕まえるために使っていた罠の意。

そのグアラニーの罠をモチーフにしたという巨大なモニュメントが、
開発の為に伐採されてしまった巨木で作られているとのこと。

「森林を破壊し続けると、私達人間が罠にはまって滅びることになる」
というメッセージが込められています。

DSCN5717-001.jpg

確かに、見たことがないような、巨木の数々で作られていました。
切り倒してしまうなて、もったいない!と思うような立派な木ばかり。

DSCN5721-001.jpg

どれぐらい大きいかというと、これぐらい。
DSCN5726-001.jpg

飲物・軽食の売店も巨木でできています。
DSCN5735-001.jpg

インディヘナの方が販売している手作り民芸品のコーナー。
DSCN5718-001.jpg

品揃えがとても豊富な民芸品ショップ。
DSCN5720-001.jpg
DSCN5719-001.jpg

巨木で作られた椅子やテーブルも。
DSCN5741-001.jpg
レストランもあるようでしたが、朝だった為か、まだ開いていませんでした。

DSCN5728-001.jpg
天気も悪かったせいか、人も少なく、とっても静かでした。

何百年も生きてきているような大木は、日本でも神聖なものとして奉られています。
パラグアイにも、大きな木がとても多くて、やはり皆に大切にされていると感じます。

灼熱の日差しから人を守り、激しい雨風から人を守り。
鮮やかな花や熟した実で、私達を癒し、潤わせています。

でも現実には、パラグアイの森林も、すごい速さで失われているようです。
10年前に初めてパラグアイを旅した時(短期間でしたが)と比べても、
ずいぶん長距離バスからの眺めも様変わりしていると感じます。
大規模農地の開発によって、経済は発展しているのでしょう。

私たち人間は、ずっと地球の財産を壊し続けてきていて、
自分達をも壊してしまうものまで、たくさん作ってしまっています。
いつか罠にはまって、身動きが取れなくなる時が来るに違いありません。
でも皆わかってるから、このような施設もできた、そう思いたいです。

あと、色んな薬草・ハーブ製品を売っているショップもありました。
たまたま目に付いた黄色いカモミールのようなハーブについて尋ねてみると、
お茶にして飲むと「胃の傷に効く」と言われたので、買ってみました。
聞いた名前を辞書で見てみると、キンセンカの花。効くと良いな。
  1. 2015/01/19(月) 23:44:34|
  2. 国外旅行 アルゼンチン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンダウの滝

南米で滝といえば、ブラジル・アルゼンチン・パラグアイの国境近くにある、
イグアスの滝が超有名で、その迫力と言ったら、もう怒涛のようですが、
その近くのパラグアイ側に、モンダウの滝という別の滝があります。

イグアスの滝にはこれまで、2回行ったことがあるのですが、
ここにはまだ行ったことがなく、先日近くまで行く機会があったので、
やっとこさ、行ってみました。

パラグアイ東部、国境の街シウダー・デル・エステの喧騒を離れ、
車で南へと20分ぐらい行ったところでしょうか?
滝の音がとどろく、緑広がる国立公園が現れました。

静かな森で、まず出迎えてくれたのは、クリスマスの可愛い飾り。
DSCN5697.jpg

少し歩くと、もう大迫力の滝が。すごい水量!!
DSCN5703.jpg

DSCN5704.jpg

初めてなので、水量が通常なのかどうかは分かりません。
DSCN5710.jpg

迫力を伝えるべく、動画も撮ってみました。


イグアスの滝は別格なので、比べたら小規模なのかもしれないけど、
すぐに見て周れて入場料も安いし、観光客が押し寄せてなく静かで快適、
気持ちの良い時間を過ごすことができました。

滝の近くでCAFEもできて、なかなか優雅♪
(ビールもありましたぜよ!)

イグアスの滝にはちょっと気合(お金も)がいるけれど、
この滝は気軽に行ける感じなので、また寄ってみても良いかも。

IMG3016.jpg
そういえば、トイレがちょっと可愛いらしい建物でした。
でも、すでに建て替え計画があり、完成予想図(近代的)もあったので、
次に行った時にはもうこの出で立ちでは無いのでしょうね。
  1. 2015/01/09(金) 18:43:57|
  2. お出かけ パラグアイ 遠出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

JAZZ A LA CALLE !!!

数ヶ月前から、アスンシオンのセントロ(旧市街)中心の街角で、
毎週日曜日の夜(19時頃から)、JAZZライブが行われています。

15863504561_9a28e3a5b1_z.jpg
(Foto by てつお)

路上ライブと言っても、そんじょそこらのミュージシャンがやってるのではない。
パラグアイきっての強者プロ演奏家達、国内外で活躍する躍進中の若手達!
普段は違うバンドで、それぞれ活動している個性の異なる彼ら、
毎回出演者・組み合わせを変えながら、セッションを楽しんでいる。

行かねばと思いつつずっと行ってなかったけど、先日やっと行ってきた!
何人かは演奏を生で聴いたことがあり、ネットで動画も観ていたので、
カッコいいのは重々分かっていたけど。

15869703592_44b3ecfdbd_z.jpg
(Foto by てつお)

やっぱり、カッコいい~!!!

これは、聴きに行かないと損ですぜ♪

私が行った日は、結構ロック路線!それもまた、カッコ良し♪
せっかくなので、デジカメで動画を撮って公開してみたところ、
(たぶん)出演者その他に好評のようで、再生回数がぐんぐん増えててビックリ!

この日はセントロでイベントがあったため、観客も多くて盛り上がってました。
LED ZEPPELINのTシャツを着たロック青年なども満足そうでした。
メンバーも普段より豪華目だったかも?


過去の演奏。これも、めちゃカッコいい!ピアノの彼のファンです♪


ホンマ、たまりませんわ。ぜいたくだな~。

こんなカッコいい、素晴らしいミュージシャン達はいるのだけど、
実はパラグアイでは、ジヤズを好んで聴く人口は一握り。
年に一度のアメリカ文化センター主催のJAZZフェスティバルの時に、
街で一番の劇場Teatro Municipal がほぼ満席になる以外は、
有料のJAZZライブはいつも空いてて、お客さんの半数は内輪らしき人達、
ということがほとんどで、つい彼らの収入を心配してしまう。

この状況を打開すべく、セントロの活性化も兼ねて始めたのだろうけど、素晴らしい♪
ぜひぜひ続けて、大成功してほしいなと思う。

毎週日曜日、19時頃から。
セントロのパンテオン&リドバーの西(Palma y Chile)で。
メンバーは、Facebook (Jazz a la Calle y a la Gorra - Paraguay. )
で当日に告知があったりなかったり。

アツいぜ、アスンシオン!COOLだぜ、アスンシオン!(笑)
  1. 2014/11/25(火) 23:04:52|
  2. 音楽もろもろ♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピラールへ

先日、ピラールというパラグアイ河沿いの町に行ってみました。
地図を見て、前々から「どんな所だろう~」と気になっていた所。



ピラールといえば、パラグアイ製の綿製品ブランド「PILAR」の故郷。
素敵なシーツやテーブルクロス、良質のタオル等がこの町で作られています。

有名な観光地でもないので、仕事以外で行く人は極めて少なそうですが、
とっても天気の良い週末があったので、思い立って行ってみることに!

アスンシオンから車で片道約6時間の遠出です。(もちろん泊りがけ)

エンカルナシオンに南下する国道からそれ、ひたすら西へ西へと走ります。
DSCN5299.jpg
車もむちゃくちゃ減り、道も良くて、広~い景色を眺めながら快適ドライブ。

極めて平坦、路肩も広いから自転車も走りやすそう!(走らないけど)
DSCN5316.jpg
途中、車を止めて休憩&写真撮影タイム。
DSCN5300.jpg
このキーンとした静けさ久しぶり!最近味わってなかった。

到着したピラールの町は、こじんまりした小奇麗な町でした。
DSCN5330.jpg

PILAR」効果で財政が潤っているからなのか、銅像がやたら目に付きました。
DSCN5320.jpg
エライ人達の銅像はもちろん、鳥、カメ、鹿など動物達、テレレの銅像まで!

DSCN5331.jpg

DSCN5332.jpg

DSCN5340.jpg

DSCN5346.jpg
河沿いの散歩道。バイクが行きかい、走ったりウォーキングする人も。

DSCN5355.jpg
個人所有のような小さな船も色々泊まっています。

DSCN5394.jpg
そう、ピラールは河の向こうに沈む夕日が自慢の町なんです。

DSCN5401.jpg
写真を撮っていると、通りがかりの人が夕日スポットを教えてくれたりします。

DSCN5419.jpg
飛行機雲が流れ星みたい。

DSCN5452.jpg
暮れ行くパラグアイ河。ゆったり時間が流れています。

河の前にある人気のレストランでは、もちろん魚料理をいただきました!

翌朝は港に行ってみました。アルゼンチンへ渡る船が毎日出ています。
DSCN5471.jpg

DSCN5459.jpg
なんだか犬が幸せそうでした。

DSCN5469.jpg
もちろん、犬だけでなく人間も。

DSCN5474.jpg
治安も良く、とても平和な町に見えました。

ピラールに行く前は「果ての田舎町」を想像していましたが、
実際に行ってみると、果ての感じはあまり無いように思いました。

首都アスンシオンからは遠くて、気軽に行きにくい所ですが、
船ですぐにアルゼンチンに渡ることができるため、
アルゼンチンの比較的大きな町、フォルモサやレジステンシアに、
わりと簡単に行くことができるようなので、意外に便利そう。
道行く人も、他のパラグアイの田舎町とは雰囲気が違う気がします。

日曜で閉まっていたけど、お洒落で奇麗な服屋さんも結構見たし、
広場にあるベンチやゴミ箱も新しくて整っています(「PILAR」効果か)。

宿のロビーに昔のピラールの町の写真がありましたが、
今よりも水運が盛んだったためか、大きな船が出入りし、
古くから町が栄えていた様子が見受けられました。

ピラールの町のさらにはずれ、 Isla Umbú という村にも少し立ち寄りました。
歴史ある小さな教会が、一応観光スポットなのだそうです。

DSCN5482.jpg
周りが沼に囲まれているので、Isla(島)という地名なのかもしれません。

DSCN5492.jpg
ほんとだ可愛い教会!もちろん?他に誰も観光客はいません。

気さくなおっちゃんが近づいてきて話しかけてきました。
が、何言ってるか全くわからん!その上、めちゃめちゃ酒くさ~い!!
(ちなみに日曜の正午ぐらい)
DSCN5498.jpg
ボラーチョ(酔っ払い)の木だ♪

DSCN5500.jpg
有名なジャガロンの教会と、造りが少し似ています。

DSCN5512.jpg
門構えはパラグアイ・カラー。

DSCN5540.jpg
ピラールへ向かう道沿い、沼や小川で釣りをしている人をよく見かけました。
きっと、色々たくさん釣れるのでしょう!釣り好きには天国かもしれません。

週末で、「PILAR」の店や工場敷地内にある博物館が休みだったので、
いつか今度来る時は平日にしてみようかな。

そういえば、町の代表的なホテルに宿泊したけど、
タオルやシーツが「PILAR」の製品じゃなかった!
それだけがちょっと期待はずれかも(笑)。

こちらの写真もどうぞ→ El viaje a Pilar,Paraguay 20141108-09
  1. 2014/11/25(火) 15:13:12|
  2. お出かけ パラグアイ 遠出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。