パラグアいぃ便り

日本からは地球の反対側。遠くはなったけど元気でやってるよ~とお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

念願の、海沿いの街へ!

首都サンチャゴからバスで約2時間、海沿いの街ビーニャデルマルへ。
街が近づいて来て、海がチラチラ見える度、喜びの声が出てしまいます。
だってだって、久しぶりなんだもの!海!それも太平洋だし!

宿泊は、街の中心から少し離れた住宅街にある日本人宿「汐見荘」。
ここは昔から、バックパッカーの間ではとっても有名な所です。
朝、魚市場で新鮮な魚介類を買ってきて自炊し、舌鼓をうちまくる!
という過ごし方がメジャー、というかそれを目当てに皆?やって来ます(私達も)。
イースター島に行く前後に泊まってる方が、かなり多かったです。

到着した日は、海の色がとても綺麗だったのもあり、ちょっとウルウル!
DSCN3965.jpg
日本では海は珍しくないので、こんな気持ちになったことはありませんでした。

魚市場は漁港にあります。近くに、魚が食べれる食堂もありました。
IMG1458.jpg

IMG1456.jpg

DSCN3977.jpg

DSCN3972.jpg

IMG1454.jpg

宿では、来る日も来る日も(3泊しただけですが)、もちろん海鮮三昧です!
残念ながら、一番食べたかったサバは食べられませんでしたが、
サーモンは1年分ぐらいは食べたんじゃないかと思います。
(日本に住んでる人だと3ヶ月分ぐらいだろうけど)

たくさん売ってた大アサリ(巨大)も酒蒸にして、味わいまくりました!
アサリの酒蒸なんて、パラグアイに来てから全く食べていません。
板前さんの旅人さんが、サーモンさばくのをうっとり見学したり、
他の方の穴子の蒲焼(美味!)他もいただいたりして贅沢な日々。
魚さばくのや料理上手な人は、すごく泊まり甲斐あると思います!
食べるのに夢中だったからか、料理の写真なし!!

そしてもちろん、チリワインがお供です♪
たまたま一緒に飲んだ旅人さんは、なんとソムリエさん!
私がちょっと失敗した小海老を、自前のオリーブオイルや調味料で、
めちゃくちゃ美味しいおつまみメニューに変身させてくれ、
ワインのことも、色々教えていただきました。
今後の南米ワイン生活に、役立ちそうで楽しみです。
ソムリエさんが買ってきたワインがまた、美味しいんだよね~。

海沿いの電車に揺られ、日帰りで隣町バルパライソの観光へ。
DSCN4028.jpg
街並みが世界遺産に登録されいるそうで、国内外からたくさんの人が訪れます。
私にはまるで、住んでた神戸の垂水から、元町に遊びに来た感じでした。

DSCN4022.jpg

DSCN4007.jpg

DSCN4023.jpg
夜景が綺麗みたいなので、今度来た時は泊まってみたいと思います。

ノーベル賞詩人パブロ・ネルーダさんが住んでいた家は、人気の観光スポット。
船が大好きだったため、船をイメージして作られているそうです。
確かに、船に使われるような丸い窓があったりしました。
DSCN4044.jpg

DSCN4051.jpg
階段を上がると素敵な壁が。
DSCN4049.jpg
この後、撮影禁止ということに気付きました。

海を見下ろす素敵なお宅。最上階が書斎でした。
まだ作品は読んだことがないですが、いつか読んでみたいです。

ビーニャデルマルへ戻ると、やっぱり元町から垂水に帰ってきたみたい。
IMG1464.jpg

急な坂や階段がたくさんあって、海を見下ろす高層マンションもあったりして、
なんか本当に神戸みたいだな、と思い、あまり遠くに来た気がしませんでした。
IMG1465.jpg

さて。あっという間のチリ旅行でしたが、きっとまた来ます!
今度は南のほうに行きたいです。いや、北にも行きたい!
DSCN4101.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/01/24(金) 17:20:54|
  2. 国外旅行 チリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://parajunko.blog.fc2.com/tb.php/84-4507b06b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。