パラグアいぃ便り

日本からは地球の反対側。遠くはなったけど元気でやってるよ~とお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あれから2年

あの時はまさか、全く想像もしていませんでした。
1年後に南米・パラグアイに引っ越しするなんて。

日本で起こった悲しい出来事、その後ずっと起こり続けてる、
とんでもない事のことで頭も心もイッパイイッパイ。
しばらくずっと海外のことなんて考えられませんでした。

当時住んでいたのは若狭の原発から30kmの町。
山と琵琶湖に囲まれた美しい里、高島。
周りの人達と反原発運動などをしたりしました。
田舎ということもあり当初は声を上げる人が少なく、
社会運動家と間違われそうになりました。

世の中の嫌なことをたくさん知ってしまって、
頭がへんになりそうな日々でした。
食べ物の産地が気になり買い物も楽しくない。
仕事にも集中できないし、遊んでも心底楽しめない。

体調も悪くなりだしたある日、夫が言いました。
「南米に住むことを考えてみようと思う。」
そんなの夢物語に思えました。
「そら南米に住めたら楽しいやろなぁ。でもできるん?」
と言いつつも。

「日本がこんなことになってしまったのは、
 自分にとってすごいマイナスな出来事だけど、
 自分の人生にとってプラスになるようにしたい。」
という言葉には、妙に納得したものです。

そして実際に引っ越して、もうすぐ1年。
今住むアスンシオンの街は、車やバスの排気ガスが酷いし、
水道水も良くないので、決して環境は良いとは言えません。
でもやっぱり私達は南米・パラグアイに来て、
来れて、良かったなぁと思っています。

思った以上に日本は、良い方向に向いてないようで残念です。
南米には、日本人であることを誇りに思ってる人が、
とてもたくさんいるというのに、どんどんと、
誇りに思えない国になっていってるような気がします。

あれから2年。
今も色んな所で色んな人が、がんばっています。
私はというと、ただ自分自身が元気でいられるように、
楽しんでいられるように、がんばっているだけ。
いいのかなこれで、と思わないわけではないけど、
私には、そうする事しかできそうにありません。

IMG663.jpg
アスンシオンの空  トルメンタ(嵐)の後
スポンサーサイト
  1. 2013/03/11(月) 00:05:47|
  2. 思うことあれこれ◇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://parajunko.blog.fc2.com/tb.php/53-5b80bdc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。