パラグアいぃ便り

日本からは地球の反対側。遠くはなったけど元気でやってるよ~とお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イグアスの滝!!!

もうずいぶん経ってしまいましたが、11月、義父母とのペルー旅行の後、
アスンシオンで休憩し、バスでイグアスの滝へ向かいました。8年ぶりです。

車窓から久しぶりに見る、パラグアイの緑の景色と赤土の道。
ペルーでは高地で茶色い風景が多かったせいもあり、癒されました。

イグアスの滝は、パラグアイ・ブラジル・アルゼンチン国境の近くにあり、
ブラジル側またはアルゼンチン側の国立公園から見学することになります。
今回も2日に分けて、両側の国立公園に行ってきました。

ブラジル側、アルゼンチン側、どちらもそれぞれに違った魅力があり、
大迫力の滝を堪能できますが、ここではアルゼンチン側を少し紹介します。

目玉は何といっても、大迫力の滝「悪魔の咽喉笛」ですが、
まずはその前に、大小様々な滝の近くに張り巡らされた遊歩道を、
動植物など見たりしながら、ゆっくりゆっくり散策します。

DSCN1133.jpg

森の中を歩きながら、少しずつ滝の音が近づいてくる感じが好き。
それなのに・・・のんびり耳を澄まして楽しんでいるといきなり、
バババババッー
けたたましい音が辺りに響いてきて、気分を壊されました。
どうやら、ブラジル側でやっている、ヘリ観光の音のよう。
これだけが非常に残念でした。鳥とか生き物達もたくさんいるのに・・・。

DSCN1180.jpg
時間に余裕があれば、サンマルティン島(写真左奥)に渡って散策し、
さらにイグアスの自然や滝の眺めを楽しむことができてお勧めです。
(今回は行かず)

いっぷくした後はトロッコ列車に乗り、いよいよ「悪魔の咽喉笛」の展望台へ。
列車を下り、長~い橋をどんどん歩いていくと、到着です。

とてつもない迫力に、言葉を失いました。
DSCN1275.jpg
まず目に飛び込んできた眺め。2度目でも何度目でも、やっぱり圧巻!
でも、なぜだか前回来た時とは違った気持ちになりました。

悪魔の咽喉笛  ものすごい量の水の群れが落ちていきます。
DSCN1293.jpg

しばらく見ているうち、吸い込まれていきそうになります。
この展望台から人が落ちたというニュースをたまに見ますが、
きっと飛びこんだのでしょう。ちょっと分かる気がしました。

DSCN1282.jpg

イグアスの滝といえば、思い浮かぶのはこの曲。

昔ライブで聴いて、どこかに行ってしまいそうになりました(アブナ~)。

確かにこの「悪魔の咽喉笛」に来ると、どこかに行ってしまいそうになる・・・。

DSCN1254.jpg

町外れに、三国の国境を眺められる場所があります。
DSCN1307.jpg
手前がアルゼンチン、右奥がブラジル、左奥がパラグアイ。
「私達ってやっぱり、いま南米にいるんだね~」
と、あらためて実感したのでありました。

イグアスの滝。ブラジル側国立公園からはこれまた、
壮大でパノラミックな滝の眺めを楽しむことができます。
時間がない方には、ブラジル側がお勧めかと思われます。

でも私はきっと、また行くとしたら断然アルゼンチン側。
いつかまた、あの場所に行きたくなる時が来ると思います。

この迫力を伝えることなんて無理だし、生で味わってほしいのは山々だけど、
どーしてもそんな遠くに行けないわ!という方のために少しだけ動画を。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/07(月) 18:24:11|
  2. 国外旅行 アルゼンチン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://parajunko.blog.fc2.com/tb.php/44-e28bcf42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。