パラグアいぃ便り

日本からは地球の反対側。遠くはなったけど元気でやってるよ~とお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チチカカ湖・ウロス島へ

チチカカ湖岸の町プーノから、船で近郊のウロス島へ。
やっぱり空はどんより。残念ながら青いチチカカ湖は望めなさそう。

琵琶湖の12倍もの広さのチチカカ湖。標高3800m。
ほぼ中央付近にペルーとボリビアの国境があります。

今回は沖合いの島々には行かずに、ウロス島のみを訪れました。
この場合は、湾の外に出ないのでチチカカ湖の大きさが味わえません。

なんか、ちょっと琵琶湖・近江八幡の水郷めぐりみたい・・・。
DSCN0452.jpg

あっという間に、トトラ(葦)で作られた島々ウロス島が見えてきました。
DSCN0456.jpg

小さな島に上陸し、島の人達の暮らしを説明してもらいます。
DSCN0464.jpg
右上がトトラ。食べることもできます。ほんのり甘くてジューシー。
島も船も家も学校も、みーんなトトラで作られています。
(船はトトラでない今風のものも使われています)

島の人は、これで煮炊きされています。スープが多いとのこと。
DSCN0467.jpg

ふっかふか!思わず寝転んでみました。もちろん気持ちいいー。
そのまま昼寝してしまいたいのを、ぐっと我慢です。
DSCN0478.jpg

素朴な暮らしですが、電気はあります(ソーラーパネル)。
フジモリ大統領時代に設置されたため、8年前に来た時もありました。
IMG342.jpg

DSCN0483.jpg

DSCN0496.jpg

学校や飲食店などがある、中心的な大きな島にも立ち寄りました。
旅行者が泊まれる部屋などもあります。もちろんトトラでできています。
DSCN0490.jpg

島を離れる頃、いつの間にか晴れて日差しが強くなってきました。
かぶってきたアルパカの帽子が暑くて、いらないぐらいに。
DSCN0486.jpg

DSCN0505.jpg

DSCN0507.jpg

ゆっくりゆっくりと、プーノの町へ戻ります。
DSCN0515.jpg

DSCN0519.jpg

大小いろんな船が、プーノと島の間を行き来しています。
DSCN0523.jpg

DSCN0531.jpg

葦で作られた浮いた島は珍しく、興味深いのですが、
やはり「聖なるチチカカ湖」の世界をじっくり堪能するには、
ウロス島だけでなく沖合いの島々も訪ねるのがおすすめです。

町から遥か離れた島々には、それぞれ文化など特徴があり、
静けさと見渡す限りのチチカカ湖に包まれていて、
町とは全く違う時間が流れています。

時間と体力が許せばもちろん、行きたかったのですが。
今回は初めて空路で高地に行き、体が参っていたので、
正直、はやく低地に下りたくてたまりませんでした・・・。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/08(土) 12:01:13|
  2. 国外旅行 ペルー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://parajunko.blog.fc2.com/tb.php/38-a7394039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。