パラグアいぃ便り

日本からは地球の反対側。遠くはなったけど元気でやってるよ~とお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クスコへ

リマから空路で約1時間、マチュピチュ観光の拠点である観光都市クスコへ。
飛行機で一気に3,000m級の高地に行くのは初めてで、高山病が心配です。

茶色く壮大な山々に、目は釘付け。時折雪山もちらほら。
DSCN9697.jpg

8年ぶりのクスコ。低地とちがった高地独特の雰囲気が懐かしい。
DSCN9718.jpg

今回は義父母も一緒なので、ちょっと奮発して、
クスコ&マチュピチュ遺跡観光を日本語ガイドさんにお願いしました。
100%ペルー人男性ですが、日本語が堪能で、経験・知識も豊富。
楽しいガイドさんでした。

最初に案内してもらった、太陽の神殿(コリカンチャ)。
DSCN9710.jpg

DSCN9717.jpg

精巧な石壁。石に施されたこの突起にも意味があるそうです。
ちゃんとガイドさんに意味も聞いたのですが、えっと何だっけ・・・。
DSCN9733.jpg

ガイドさんに、お昼はどんなレストランがいいかと尋ねられ、
「安くて美味しいとこ!」というワガママを言い連れてってくれたのが、
8年前の滞在中に気に入っていた食堂と同じ店でした。
店内も小奇麗で地元の女性客にも人気の店で、今も健在。
できれば行きたいと思っていたので、嬉しいビックリ!
DSCN9771.jpg DSCN9758.jpg
実際にはこのメニューでなく、日替わりの安い定食を注文しました。
300円ほどで前菜・スープ(ボリューム大)・メイン・デザート・ドリンク付。
やっぱり全部美味しかった!

近郊の遺跡あたりから見下ろすクスコの街。
DSCN9798.jpg
家々が山の中腹あたりまでずいぶん増えたようです。

アルマス広場 地元の人や観光客で賑わっています。
DSCN9742.jpg

IMG330.jpg
数年前にマクドナルドやスターバックスができたと聞いて、
素敵な町並みが壊されるんじゃないかと心配していましたが、
周りの景観を損ねないよう、ちゃーんと配慮されていました。
(前まで行ってやっと存在が分かるぐらいに地味)

クスコの街でゆっくりするのは、マチュピチュ観光の後にとっておき、
リマから着いた日は、少し標高の低いウルバンバ渓谷に宿泊しました。

雲が広がってて星空は楽しめないやと残念がってたら、満月の強烈な光が。
DSCN9828.jpg
まぶしい! 高地なので、いつもより月が近く感じます。

マチュピチュから戻った後も、ちょっと歩くと心臓がバクバクと苦しく、
懐かしい街中をあちこち存分に散策することができず、少し残念でした。
やはり、のんびり自転車で来た時とは、ワケが違う!
スポンサーサイト
  1. 2012/11/20(火) 00:37:17|
  2. 国外旅行 ペルー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

なつかしい!

お元気そうで!
ペルー!
15年前の旅行を思い出しましたぁ
クスコは気に入って1週間滞在しました。
あの石壁の通りでスケッチして何時間も居たり・・
いいなあ、いいなあ
また行きたいなあ。

というわけで
アミーゴ、またね!
  1. 2012/11/21(水) 12:34:05 |
  2. URL |
  3. あさとふくい #C6R2gQ3k
  4. [ 編集 ]

秋の味覚の頃ですか?

オラ!アミーゴ ふくいさん

ありがとうございますー。
高島はぐっと寒くなってる頃かと想像しますが、お元気ですか?

ペルーを旅されたとは聞いてましたが、15年前!だったんですね。
そこまで、バリバリ若者時代の頃だったとは。
石壁の通りでスケッチ・・・だなんてイカシすぎちゃいます?
ふくい青年が旅してる様子、のぞいてみたいものです!

クスコ、8年前は私も2週間ぐらい滞在したけど、今回は2日ほど。
あっという間でした。栄えてましたねー。

ぜひまたいつか、南米旅しにきてくださいませ~。
  1. 2012/11/21(水) 22:31:57 |
  2. URL |
  3.  みやま じゅんこ #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://parajunko.blog.fc2.com/tb.php/35-922ce71e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。