パラグアいぃ便り

日本からは地球の反対側。遠くはなったけど元気でやってるよ~とお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Pedro Martínez Trío

パラグアイはギターが盛ん。
上手な人は山ほどいるのでしょうが。何といっても大のお気に入りは、
ペドロ・マルティネス(Pedro Martínez)さん♪
ギタリストで作曲家。国境の町フォスドイグアス(ブラジル側)在住。

Tapa-Sonidos-del-Sur.jpg

新しい風を感じさせる、現代のフォルクローレ。
とでも言えばよいのでしょうか。
「Sonidos Del Sur」という素敵なアルバムを1枚出していて、
こちら で数曲、聴くことができます。

パラグアイはもちろん、アルゼンチンやブラジル、アフロペルー(ペルーの黒人音楽)等々、敬愛する南米音楽のリズムを基盤に、ジャズやロックや、好きな音楽すべてを消化し作り上げられたような、瑞々しくてカッコ良い、オリジナルな音楽。
いそうでいないタイプのパラグアイ人アーティストだと思う。

躍動感あるライブが楽しく大好きで、もう何回も行ってしまっている。
今年も暮れに、トリオでのライブをがっつり聴けて満足♪満足♪
文科省の補助で開催されている「Ciclo de ‎Música Jazzional」の一貫で無料。
珍しく、行って来たライブ動画が良い感じでアップされていました。


せっかくなので、私も2曲だけ撮ってみました。

これは、アルゼンチン・フォルクローレのチャカレラというリズムでの曲。
デジカメ容量に限りがあるので、これは曲の一部だけ。

ライブならではの楽しさがある曲。

アフロペルー(ペルーの黒人音楽)のフェステホというリズムの曲なのだそうです。

残念ながら、この手の音楽を聴きに来る人は、パラグアイには少ない。
もったいなので、少しでも国外の人に聴いてもらえたら良いな~。

国際ジャズの日に合わせて開催されている、今年4月に行われた、
「Festival dia internacional del jazz Asuncion 2015」での演奏。

好きなのよね、この曲。 隠し撮り?しちゃった。

オリジナル曲はパラグアイのミュージシャンとのトリオ演奏が基本みたいだけど、
ブラジルやアルゼンチンのミュージシャンとの交流も幅広く、
ブラジル音楽やアルゼンチン・フォルクローレ曲の共演も盛んなよう。

まだ30歳ぐらいという若さ(見えないけど)のペドロさん。
(ちなみにベースの彼は20歳ぐらいらしい)
今後の活動もすごく楽しみな存在だ。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/17(木) 16:44:57|
  2. ライブ鑑賞日記♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://parajunko.blog.fc2.com/tb.php/107-592e9bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。