パラグアいぃ便り

日本からは地球の反対側。遠くはなったけど元気でやってるよ~とお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昨日、大統領が変わりました。

パラグアイに引っ越して来て、まだ2ヶ月足らず。
まだこちらの政治のこととか、よく分かっていない中、
昨日、大統領が変わりました!任期の途中で。

今月中旬、パラグアイ北東部クルグアティで、
以前より問題になっている土地無し農民と警察が衝突、銃撃戦となり、
双方に十何人もの死者が出るという痛ましい事件がありました。

ルゴ大統領はその責任を問われ、これをきっかけに、
大統領の罷免を求める弾劾裁判が昨日行われたのです。
そして賛成多数の評決を受け入れ、ルゴ大統領が辞任。
夜には、副大統領が大統領に就任しました。

0000432254 (1)
辞任したルゴ大統領(ULTIMAHORA.comより)元聖職者だそうです

テレビでは昨日、当然ながらこのニュースばかりをやっていました。
国会前に集まり抗議していた何千人ものルゴ大統領支持者と不支持者。
支持者は、あまり裕福なほうでない庶民的な人が多いようです。

ルゴ大統領の辞任が決まると、支持者達は悲しみと怒りが爆発し、
暴動になりそうでしたが、警察にガスや放水で追い払われました。
そして、裕福そうな身なりの人が多い不支持の人達が、
喜んだり踊ったりしている様子が映し出されていました。

一見、大物のオーラ漂うルゴ大統領ですが、政治手腕は伴ってないらしく、
有力者や国民の多くから根強い不満が募っていたようです。
新政権になって良い方向にいくのならよいですが、
周辺諸国からクーデターだと強く非難されているようです。
新政権を認めないとか、パラグアイを南米連合から追放するとか、
かなり厳しいことを言われているみたいで心配です。

新大統領は相当大変そうですが、がんばってもらうしかありません。
この国がこれからどのようになっていくのか分かりませんが、
どんな立場の人も、皆が平和に暮らせる国であってほしいと願います。

日本では、毎年のように首相が辞任に追い込まれ交代していますが、
涙を流して国民に辞任の抗議をしてもらえる首相はいないのでは。
それは、国民が直接選んだトップじゃないからかもしれません。

       →パラグアイ政変の日の印象的な写真

0000433190.jpg
大統領に就任したフェデリコ・フランコ氏(ULTIMAHORA.comより) 若い!

昨夜の就任式で国歌が歌われましたが、演奏は贅沢に生オーケストラでした。
なんとまあ、準備の良いことでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/23(土) 18:29:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://parajunko.blog.fc2.com/tb.php/10-933b4111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。