パラグアいぃ便り

日本からは地球の反対側。遠くはなったけど元気でやってるよ~とお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

JAZZ A LA CALLE !!!

数ヶ月前から、アスンシオンのセントロ(旧市街)中心の街角で、
毎週日曜日の夜(19時頃から)、JAZZライブが行われています。

15863504561_9a28e3a5b1_z.jpg
(Foto by てつお)

路上ライブと言っても、そんじょそこらのミュージシャンがやってるのではない。
パラグアイきっての強者プロ演奏家達、国内外で活躍する躍進中の若手達!
普段は違うバンドで、それぞれ活動している個性の異なる彼ら、
毎回出演者・組み合わせを変えながら、セッションを楽しんでいる。

行かねばと思いつつずっと行ってなかったけど、先日やっと行ってきた!
何人かは演奏を生で聴いたことがあり、ネットで動画も観ていたので、
カッコいいのは重々分かっていたけど。

15869703592_44b3ecfdbd_z.jpg
(Foto by てつお)

やっぱり、カッコいい~!!!

これは、聴きに行かないと損ですぜ♪

私が行った日は、結構ロック路線!それもまた、カッコ良し♪
せっかくなので、デジカメで動画を撮って公開してみたところ、
(たぶん)出演者その他に好評のようで、再生回数がぐんぐん増えててビックリ!

この日はセントロでイベントがあったため、観客も多くて盛り上がってました。
LED ZEPPELINのTシャツを着たロック青年なども満足そうでした。
メンバーも普段より豪華目だったかも?


過去の演奏。これも、めちゃカッコいい!ピアノの彼のファンです♪


ホンマ、たまりませんわ。ぜいたくだな~。

こんなカッコいい、素晴らしいミュージシャン達はいるのだけど、
実はパラグアイでは、ジヤズを好んで聴く人口は一握り。
年に一度のアメリカ文化センター主催のJAZZフェスティバルの時に、
街で一番の劇場Teatro Municipal がほぼ満席になる以外は、
有料のJAZZライブはいつも空いてて、お客さんの半数は内輪らしき人達、
ということがほとんどで、つい彼らの収入を心配してしまう。

この状況を打開すべく、セントロの活性化も兼ねて始めたのだろうけど、素晴らしい♪
ぜひぜひ続けて、大成功してほしいなと思う。

毎週日曜日、19時頃から。
セントロのパンテオン&リドバーの西(Palma y Chile)で。
メンバーは、Facebook (Jazz a la Calle y a la Gorra - Paraguay. )
で当日に告知があったりなかったり。

アツいぜ、アスンシオン!COOLだぜ、アスンシオン!(笑)
スポンサーサイト
  1. 2014/11/25(火) 23:04:52|
  2. 音楽もろもろ♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピラールへ

先日、ピラールというパラグアイ河沿いの町に行ってみました。
地図を見て、前々から「どんな所だろう~」と気になっていた所。



ピラールといえば、パラグアイ製の綿製品ブランド「PILAR」の故郷。
素敵なシーツやテーブルクロス、良質のタオル等がこの町で作られています。

有名な観光地でもないので、仕事以外で行く人は極めて少なそうですが、
とっても天気の良い週末があったので、思い立って行ってみることに!

アスンシオンから車で片道約6時間の遠出です。(もちろん泊りがけ)

エンカルナシオンに南下する国道からそれ、ひたすら西へ西へと走ります。
DSCN5299.jpg
車もむちゃくちゃ減り、道も良くて、広~い景色を眺めながら快適ドライブ。

極めて平坦、路肩も広いから自転車も走りやすそう!(走らないけど)
DSCN5316.jpg
途中、車を止めて休憩&写真撮影タイム。
DSCN5300.jpg
このキーンとした静けさ久しぶり!最近味わってなかった。

到着したピラールの町は、こじんまりした小奇麗な町でした。
DSCN5330.jpg

PILAR」効果で財政が潤っているからなのか、銅像がやたら目に付きました。
DSCN5320.jpg
エライ人達の銅像はもちろん、鳥、カメ、鹿など動物達、テレレの銅像まで!

DSCN5331.jpg

DSCN5332.jpg

DSCN5340.jpg

DSCN5346.jpg
河沿いの散歩道。バイクが行きかい、走ったりウォーキングする人も。

DSCN5355.jpg
個人所有のような小さな船も色々泊まっています。

DSCN5394.jpg
そう、ピラールは河の向こうに沈む夕日が自慢の町なんです。

DSCN5401.jpg
写真を撮っていると、通りがかりの人が夕日スポットを教えてくれたりします。

DSCN5419.jpg
飛行機雲が流れ星みたい。

DSCN5452.jpg
暮れ行くパラグアイ河。ゆったり時間が流れています。

河の前にある人気のレストランでは、もちろん魚料理をいただきました!

翌朝は港に行ってみました。アルゼンチンへ渡る船が毎日出ています。
DSCN5471.jpg

DSCN5459.jpg
なんだか犬が幸せそうでした。

DSCN5469.jpg
もちろん、犬だけでなく人間も。

DSCN5474.jpg
治安も良く、とても平和な町に見えました。

ピラールに行く前は「果ての田舎町」を想像していましたが、
実際に行ってみると、果ての感じはあまり無いように思いました。

首都アスンシオンからは遠くて、気軽に行きにくい所ですが、
船ですぐにアルゼンチンに渡ることができるため、
アルゼンチンの比較的大きな町、フォルモサやレジステンシアに、
わりと簡単に行くことができるようなので、意外に便利そう。
道行く人も、他のパラグアイの田舎町とは雰囲気が違う気がします。

日曜で閉まっていたけど、お洒落で奇麗な服屋さんも結構見たし、
広場にあるベンチやゴミ箱も新しくて整っています(「PILAR」効果か)。

宿のロビーに昔のピラールの町の写真がありましたが、
今よりも水運が盛んだったためか、大きな船が出入りし、
古くから町が栄えていた様子が見受けられました。

ピラールの町のさらにはずれ、 Isla Umbú という村にも少し立ち寄りました。
歴史ある小さな教会が、一応観光スポットなのだそうです。

DSCN5482.jpg
周りが沼に囲まれているので、Isla(島)という地名なのかもしれません。

DSCN5492.jpg
ほんとだ可愛い教会!もちろん?他に誰も観光客はいません。

気さくなおっちゃんが近づいてきて話しかけてきました。
が、何言ってるか全くわからん!その上、めちゃめちゃ酒くさ~い!!
(ちなみに日曜の正午ぐらい)
DSCN5498.jpg
ボラーチョ(酔っ払い)の木だ♪

DSCN5500.jpg
有名なジャガロンの教会と、造りが少し似ています。

DSCN5512.jpg
門構えはパラグアイ・カラー。

DSCN5540.jpg
ピラールへ向かう道沿い、沼や小川で釣りをしている人をよく見かけました。
きっと、色々たくさん釣れるのでしょう!釣り好きには天国かもしれません。

週末で、「PILAR」の店や工場敷地内にある博物館が休みだったので、
いつか今度来る時は平日にしてみようかな。

そういえば、町の代表的なホテルに宿泊したけど、
タオルやシーツが「PILAR」の製品じゃなかった!
それだけがちょっと期待はずれかも(笑)。

こちらの写真もどうぞ→ El viaje a Pilar,Paraguay 20141108-09
  1. 2014/11/25(火) 15:13:12|
  2. お出かけ パラグアイ 遠出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。