パラグアいぃ便り

日本からは地球の反対側。遠くはなったけど元気でやってるよ~とお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベルタ・ロハスLIVE♪

どうも何だか、遊びまくってるブログになってきてますが、
平日はちゃんと(?)それなりに仕事もしてるんですよー、私。

と言いながらも、先日またまたLIVEに行ってきました!
パラグアイの有名な女性ギタリスト、ベルタ・ロハス(Berta Rojas)です。

日頃、何かでパラグアイ音楽が流れ「この曲すごい素敵~」
と思ったら、この人のギター演奏だったりします。

今回はキューバのサキソフォン奏者(有名な人のよう)との共演。
彼との共作アルバムがラテングラミー賞にノミネートされて新聞でも話題に。
さすが会場はほぼ満席で、新聞社のカメラマン等もたくさん来ていました。

こないだ豪華ジャズ・フェスティバルを300円で観たとこなので、
1200円(2階席)は高い気がしましたが(1階席は倍の値段)、
ワールドワイドに活躍してる人のようなので仕方ないと思いながら。
でも演奏が始るとすぐに、それはぜんぜん高くないと分かりました。

IMG222.jpg

いや~。ベルタ・ロハスの演奏、本当に素晴らしいですね!
(大げさかもしれないけど)まさに極上のギター音楽。
なんと言えばいいんでしょうか。
ギターのこと分からないけど、女性だからこそ出せる世界なんでしょうか。
やわらかくて深くて優美な音楽が、体に染み渡っていきます。

有名なパラグアイの音楽家の曲を中心に、
共演の面白いサキソフォン奏者のオッちゃんが、
客席を笑わせつつ進行していきました。

しかし、曲調のせいもあるかもしれないけど、
ギター演奏を聴いてこんな目頭が熱くなったのは初めてです。
今回はサキソフォン&クラリネットと一緒なので、
楽しくてカッコ良い感じのアレンジだったりでしたが、
もしも、これが彼女のソロLIVEだったら、
熱いものがもっとこみ上げていたかも知れません。

こういう音楽を聴いたら浮かんでくる、
パラグアイや南米の、穏やかで素朴で美しい風景が、
いつまでも無くならないような世界であってほしいなぁ、
と思いながら堪能した夜でした。やっぱり音楽は、生に限る!

間違いなく世界に誇れるギター奏者ですね。カッコいいな~。
これほどの人だからか共演ネタ無いからか、アンコール無しでした・・・。



それにしても演奏中、プロカメラマンのシャッター音うるさすぎるぞ!
スポンサーサイト
  1. 2012/09/28(金) 18:04:13|
  2. ライブ鑑賞日記♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アトゥラでいっぷく

日曜日、自転車つづきでバテ気味だったにもかかわらず、
夫に誘われ、前から行ってみたかった町アトゥラへお出かけ。

アスンシオンからバスで片道約2時間の旅。
はじめ幹線道路を飛ばし快調だったけど、遠回りする路線だったため、
少し先の町カークペから、未舗装のくねくね坂道にずんずん入って、
アトラクティブな運転と車窓を堪能したのち、ようやく到着。
普通のオンボロ路線バスだし、結構つかれました。

町の中心の広場に着くと、革製品を中心とした工芸品の屋台と、
飲食店の屋台が並び、家族連れなどで賑わいつつありました。

なんだか疲れたので、もうお昼にしちゃいます。
DSCN9389.jpg
日中は暑いので、飲食屋台の客席は店から離れた木陰だったりします。

教会(中の木彫りが立派)を覗いたあと、やっぱり暑くてしんどいので、
町外れの山にある、眺めの良いホテル兼レストランにお茶しに。
タクシー(普通の乗用車だった)でぐんぐん上り、山(といっても標高300m)へ。

確かに良い眺め。こうゆう広い景色を見ると、南米だなーと実感します。
DSCN9398.jpg
こんな眺めと一緒に、食事やお茶ができるようになってて贅沢ー!

ホテルといっても、木々の中にこじんまりした棟がポツンポツンとある感じ。
DSCN9401.jpg
敷地は広くて高低差があり、森の中を散策できるようになっています。

町よりも涼しくて、とても気持ちが良いです。
DSCN9404.jpg
ぜひ今度は泊まりで、避暑&保養しに来たいと思います!

夕方、町に下りると、たくさんの若者達がどこへ行くでもなく、
バイクに乗って、ぐるぐると広場近辺を走り周っていました。
地方の町でちょくちょく見かける光景です。

可愛い革のサンダルと小物入れを購入して、アスンシオンに戻りました。
ガイドブックによると「パラグアイで一番きれい(クリーン)な町」だそう。
確かにアトゥラではゴミがほとんど落ちていませんでした。
(日本人からすると普通なんですが)

DSCN9397.jpg

帰り道のバスで、窓からの風がヒンヤリ冷たく、かなり寒かったけど、
幹線道路に出るまでの間、風が好きな匂いでクンクンクン。
排気ガスいっぱいのアスンシオンとは違う、木や草の濃い~匂い。
この匂いをかぐためだけに来るのも良いなーと思いました。

やっぱり自然が多くある所は、癒されますね。
こんな、いっぷくできる所をいくつか見付けておくと良いのかもしれません。
  1. 2012/09/26(水) 01:22:05|
  2. お出かけ パラグアイ 近場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大通りを自転車で快走!

昨日9月22日は「Día Mundial sin autos」(世界ノーカーデイ)だそうで。
サイクルショップ主催の自転車イベントに参加しました。

集団で自転車に乗るのはあまり好きでなく(というか体力に自信が無い)、
自転車のイベントって今までほとんど参加したことがなかったのですが。

普段おっかなくて自転車でなんて走れない大通りを、
我がもの顔で安全に走ることができるというのは大きな魅力!

「アスンシオンにこんなにいたんかー」と驚くぐらい、
何百人もの大勢の自転車で大通りの一車線を占領し、
特別開放されてる川沿いの道、造成中のコスタネラへ快走!

そんな日とは知られてないのか、たぶん交通量はいつもの土曜日と同じ。
交差点ではスタッフや警官が車を止めてくれていて、至れりつくせり!
止められた車は、めずらしそうに見物したり、応援してくれたり、
たまにイラついてクラクション鳴らしてる人も。

赤信号でも止まることなく、ぐんぐん行けます。ほとんどノンストップで!
そして、まだ舗装前の川沿いの長~い道を優雅に散歩して、
セントロの大統領府前の港あたりまで。

この日は「春の日」でもあり、セントロで色々な催し物があったようですが、
港も普段以上に出店やステージが設置され、たくさんの人で賑わっていました。

パラグアイも自転車人気あるやん、というのも嬉しいし、
春をたくさん祝い喜び合うというのも、なかなかいいものです。
(日本よりだいぶ四季が分かりにくいにもかかわらず)
ちょうど日本は秋分の日でしたね。

走った後は、買い食いも勢いが増しました!
ピザ美味しかったなぁ~

IMG217.jpg
  1. 2012/09/24(月) 01:29:07|
  2. お出かけ パラグアイ 近場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ルイス・サリーナスLIVE♪

セントロの TEATRO MUNICIPAL で行われる
ジャズ・フェスティバルの最終日のLIVEに、
アルゼンチンの「ルイス・サリーナス(LUIS SALINAS)」が出演すると知り、
喜び勇んで昨夜、行ってまいりました!

トリがルイス・サリーナスだなんて、主催のアメリカ文化センター?いかすー!

ルイス・サリーナスは、アルゼンチンの圧倒的人気ギタリスト。
ほとんどジャンルは関係ない感じ。
8年前の南米自転車散歩中に泊めてくれた、
音楽好きのアルゼンチン人に教えてもらい、
その後、運良くブエノスアイレスで彼のLIVEにも。

まずは会場近くのパンテオン前の店で一杯(といっても1Lボトル)。
いつも混雑してる店だけど、外のテーブル席をキープできてラッキーでした。
夜のパンテオンは、パラグアイ国旗の色にライトアップされています。
IMG197.jpg IMG200.jpg

昨日はとっても暑かったから、ギンギンに冷えたビールがウマすぎー!
IMG203.jpg

開始時間(夜8時)の30分前に会場に向かうと、
すでに入場するための行列ができていました。
会場のせいもあってか、客層はアダルトな雰囲気。
コンサートは思いのほか時間通りに始りました。

いや~~。
最近は無料コンサートで、まったりパラグアイ音楽をよく聴いて、
それはそれでもちろん魅力的だったけど、
こんなにガッツリ音楽を聴いたのって、むちゃくちゃ久しぶり!

1番目はパラグアイのグループの演奏。
シャイな感じの若手ピアニスト率いる、
サックスやトロンボーンを前面に出したバンド。
こんなジャズの世界がパラグアイにもあるんですね~。新鮮。
金管楽器はあまり好きではないけど、すごいカッコいい曲があり鳥肌。
ひいきの若者サックス奏者(音も見た目も素敵♪)もできて収穫でした!

その後、すぐ横の2階客席に、あのルイス・サリーナスの姿が!
いかにもブエノスアイレスっぽい、お洒落な長髪パーマの男性と一緒に。
「私ルイス・サリーナスと同じ音楽を聴いてる~」と勝手に盛り上がりつつ、
ブラジルのグループの演奏が始りました。

これがまた、めちゃくちゃカッコ良くて。まさにブラジルならではのジャズ!
楽しい演奏に、終了時は総立ちで拍手喝采。カッコ良いおじ様達でした。
「やっぱりブラジルってすごい」とあらためて感じさせられました。

その後、アメリカのミュージシャン達の本格派なジャズ演奏。
トランペットもカッコ良いけど、特にピアノがスゴかった!
しかし長~い演奏に、その後のルイス・サリーナスが気になり、
まだかまだかと気がはやります。

複数アーティスト出演のLIVEイベントにしては、
それぞれの演奏時間が長め(1時間近く)で、
たーっぷり聴かせてくれるので嬉しい限り。
残るはルイス・サリーナス!となった段階で、
時計は夜11時を指していました。

長めの休憩の後、ようやくルイス・サリーナスの登場です!
はやり彼を観に来た人が多かったようで、男達の熱~い声援が響きます。

アコースティックソロで始まると、(私も含め)今日1番のシャッターの嵐。
極上のギター演奏。 表情を白黒させて奏でる姿。お腹の出具合。
そうそう、こんな人だった!
あのお腹は、ギターを乗せるために大きいのかもしれない・・・。

IMG207.jpg

太鼓(ロン毛の彼)が加わり、アルゼンチン・フォルクローレの曲が始ると、
「あぁ今、わたし南米の地にいるんだ~」とじんわり感慨深くなりました。

その後ピアノやベースも加わって、フォルクローレやチャマメ?の曲その他が、
縦横無尽に繰り広げられ、カッコ良すぎて大感動!大満足!でした。
パラグアイの曲(曲名は知らないがよく歌われてる)もあり皆、大感激。

時折、彼は演奏しながらラりラ~と歌ったりしますが(たまに歌詞のある曲も)、
これがまた優しく素敵な声でいいんですよー。とろろ~ん。

甘いスローな曲でハミングしながら、客席にも歌うように誘うと、
客席中で男性達の太い声が「ラりラ~ラりラ~♪」と響き、
それがちょっと面白かったりします。
そういえば、8年前のブエノスアイレスでのLIVEでも、
ゆったり渋~い曲で客席にハミングを誘い、男性客達が歌いにくそうに、
「ふむむ~むむ~♪」と言っていました。


フォルクローレの曲。カッコ良かったです。(ネットより拝借)

それまでの出演者のことを忘れてしまうぐらい、200%たっぷり堪能し、
今日の出演者で初めてのアンコールが始ったと思うと、
見覚えある人がふらっと登場して演奏に加わりました。
映画「バックトゥザフューチャー」の博士みたいな出で立ち。
今日出演していた、ブラジルのピアニストだ!
その後、ブラジルのギタリスト等メンバー全員と、
アメリカのトランペッターが、一人ずつ加わっていき皆で演奏。
フェスティバルは、こういう醍醐味がありますね。

またと無い楽しい時間なんだけど、あまりにたっぷりやり過ぎて、
時間がかなり遅くなっていたため、お客さんの半分はもう帰っちゃってました。
そんなことは気にもせず、延々と楽しむステージの大人達。
LIVEがやっと終わったのは、なんと夜中の1時半。
ルイス・サリーナスさんは2時間以上もやってくれたことになります。

一流の音楽をこれだけ満喫させてもらって、入場料はたったの300円相当。
本当にいいんでしょうか?(休憩時間にワインの試飲まであった!)
会場販売のCDを買ったからいいことにしておきます。

IMG205.jpg
このイベントは15周年とのこと。これまで、どんなアーティストが出たんだろう。

今回はたまたまイベントを知ってラッキーだったけど、
こんな素晴らしいLIVEがちょくちょくあるんですね。
だいぶ家も落ち着いてきたことだし、また探して行ってみようかな~。
「これは」という情報がありましたら、ぜひ耳打ちして下さいましー!
  1. 2012/09/16(日) 15:58:56|
  2. ライブ鑑賞日記♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめての南米サッカー観戦

昨夜、こちらで初めてサッカーの試合を観に行って来ました。
ブラジルW杯南米予選「パラグアイ対ベネズエラ」戦です。
先日アルゼンチン戦で敗れて、なんと最下位となり、
残念ながらW杯出場は無理っぽい状況のようなので、
あまり盛り上がらないのではと思ってましたが、
ちゃんと?大勢のファンが詰めかけ賑わっていました。

IMG180.jpg

南米でサッカー観戦するの自体、そういえば初めて。
そして(日本も含め)代表戦を生で観るのも初めて。

やはりTVで観る以上に、観客の迫力がすごかったです!
終始、サンバのようなリズムの太鼓の演奏が鳴り響き、踊る人達も。
パラグアイが攻めあがると皆総立ち、「うわっ」と太い歓声がとどろきます。
サッカーが国民的なスポーツであることをあらためて体感しました。

しかし、パラグアイは決定的なチャンスもことごとく得点できず、
ベネズエラが効率よくゴールを決めて、2対0で負けてしまいました。
こんなに皆、健気に熱~く応援し続けてるのに、かわいそう・・・。

日本で観てたときは、もっと強かったんだけどなぁ~。
昨年の南米選手権でも、ブラジルに渋い勝ち方をしてシビれたんだけどな~。
なんで?なんで?いつからこんな調子になったんだろう?

こんなん言ったらパラグアイの人に怒られるだろうけど、
今の日本ならパラグアイに勝てる!と思ってしまいました。
ブラジルW杯で、日本対パラグアイ戦が観れたら素敵なのに。

パラグアイ、前のW杯では確かベスト4だったよね。
隣の国でするW杯に出れないなんて、皆さぞかし悔しいだろうなー。

と、ついつい愚痴ってしまった昨日でした。
スタジアムでは、入場にものすごく時間がかかって、
席に着いたときには試合がもう始ってしまってたので、
もし今度行く時はもっともっと早めに行かねば!

会場に点数や時間の表示が見当たらないのがちょっと不便。
国際試合するようなスタジアムなのに・・・。
(広告のモニターはいくつもあるんだけど)

日本は順調に、ジーコ監督率いるイラクに勝ってましたね!
  1. 2012/09/12(水) 14:23:41|
  2. お出かけ パラグアイ 近場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末サイクリングはじめ

今日は、家から自転車で片道1時間近くの大きな公園
「ハルディン・ボタニコ(Jardin Botánico)」へサイクリング。
車が多くてオッカない道も、日曜の午前はぐんと交通量が減って快適!

それでも、アスンシオンの街は思いのほかアップダウンが多く、
日頃運動不足の私にとって、これは一大スポーツ!
こんなに自転車を漕いだの、いったい何年ぶりだろう?

予想以上に疲れ果てて到着しました。

DSCN9271.jpg
日曜日なので、家族連れで賑わっています。

年末年始のアスンシオン滞在時にも訪れ気に入ってた、市民の憩いの場。
ピクニックする人(これが一番多い)、ランニングや自転車の人など。
みんな楽しそうに寛いでいます。

DSCN9292.jpg

DSCN9289.jpg

とりあえずバタンと倒れ、鳥の声を聴きながら、しばし休息・・・。

DSCN9263.jpg

DSCN9267.jpg

DSCN9269.jpg

DSCN9286.jpg

広い園内を自転車で散策した後、前からちょっと気になってた、
美味しそうなパン屋兼レストランに立ち寄りつつ帰りました。

ここ最近、日中30℃を超える陽気で、昼間のサイクリングは体力消耗します。
次回はもっと朝早く出発すべし。

すでに太ももが筋肉痛です・・・。
  1. 2012/09/02(日) 20:07:47|
  2. お出かけ パラグアイ 近場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。