パラグアいぃ便り

日本からは地球の反対側。遠くはなったけど元気でやってるよ~とお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボリビア:織物天国♪タラブコ日曜市

タラブコは、スクレからバスで約1時間半の小さな田舎町。

地元の日曜市が年々観光化され拡大していて、この地方独特の織物を中心とした民芸品の市がたくさん立つことで知られています。

街で買うよりも安いし、民芸品・織物好きは行かずにいられない所。
DSCN6320.jpg

以前は未舗装の田舎道を、乗り合いバスでガタゴト行かないといけなかったそうだけど、今は地元の旅行会社で日帰りバスツアーを申し込むことができて、道路も舗装されてるからスムーズ快適、低地から高地スクレに来てフラフラの身には助かります。

DSCN6327.jpg
地元の買い物客でにぎわう広場周辺。

DSCN6325.jpg
広場周辺の通りは、織物や民芸品であふれています。

DSCN6329.jpg
パラグアイでも冬になると、たま~~にポンチョ着てるおっちゃん見かけます。

DSCN6315.jpg

DSCN6324.jpg

DSCN6321.jpg
生鮮食品売り場。旅先なので、買えるものはコカの葉ぐらいかな。

DSCN6334.jpg
食堂のお昼ごはん。ボリビアはじゃがいもが美味しいのだ♪

DSCN6326.jpg
高山病でしんどくて、買い物の調子が出ず、やっとこさ布1枚買ったのみ。


広場ではこんなのもやってました。日曜なので前の教会に出入りする人達も。


隣の国なのに、アンデスの世界はまるで別世界。

またたまに、この空気を吸いに来たいものだ。

DSCN6342.jpg
バスからの車窓。線路の跡があるから昔は列車があったのかな。
スポンサーサイト
  1. 2016/04/28(木) 16:25:42|
  2. 国外旅行 ボリビア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボリビア:憲法上の首都スクレ

ずいぶん経ってしまいましたが、昨年5月に訪れたボリビアの写真などを。

DSCN6383.jpg

スクレはボリビアの憲法上の首都。標高2,750mの白壁の街。
事実上の首都はラパスですが、ボリビアの独立宣言が行われた場所です。

DSCN6419.jpg

美しい佇まいの立派な教会群があり、重要な場所であることがうかがえます。

DSCN6381.jpg

DSCN6417.jpg DSCN6413.jpg

寝不足の状態で高地に到着してしまったせいか、
到着した夜中、激しい頭痛に見舞われ困りましたが、
枕を2段にして高くすると良いと聞き、実行すると楽になりました。

最初は少し歩くと息切れしてしんどかったけど、徐々に慣れて平気になりました。
昼間は晴れてポカポカでしたが、やはり朝晩は寒く着込みました。

DSCN6457.jpg

DSCN6372.jpg
ボリビアの国民的軽食、サルテーニャ。人気店で舌鼓!

DSCN6370.jpg
アンデスは、空が近いのだ。

DSCN6369.jpg

平日のラッシュ時は、やはり車が多くてビジーでしたが、
景観を大切に保たれている街並みは美しく、
住む人達はスクレをとても誇りに思っていると感じました。

DSCN6364.jpg

街の中心、5月25日広場を通りがかると「自由の家」前で、
大勢の軍隊が整列していて、少し物々しい式典が始まりました。
国旗を掲げると共に、迫力ある国歌斉唱が。



どうやら海の奪回への士気を高める式典だったそう。(ボリビアは現在海が無い)
パラグアイの英雄パンテオン前のように重要な式典がよく行われる場所のよう。

DSCN6577.jpg

パラグアイとは隣の国だけど、気候も人の気質もずいぶん違う。
また行きたい街、スクレ。アンデスの香りはやはり、いいのだ~。

行ってないけど、郊外に恐竜の足跡があり観光名所になってるそうです。
  1. 2016/01/24(日) 18:28:13|
  2. 国外旅行 ボリビア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。