パラグアいぃ便り

日本からは地球の反対側。遠くはなったけど元気でやってるよ~とお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Pedro Martínez Trío

パラグアイはギターが盛ん。
上手な人は山ほどいるのでしょうが。何といっても大のお気に入りは、
ペドロ・マルティネス(Pedro Martínez)さん♪
ギタリストで作曲家。国境の町フォスドイグアス(ブラジル側)在住。

Tapa-Sonidos-del-Sur.jpg

新しい風を感じさせる、現代のフォルクローレ。
とでも言えばよいのでしょうか。
「Sonidos Del Sur」という素敵なアルバムを1枚出していて、
こちら で数曲、聴くことができます。

パラグアイはもちろん、アルゼンチンやブラジル、アフロペルー(ペルーの黒人音楽)等々、敬愛する南米音楽のリズムを基盤に、ジャズやロックや、好きな音楽すべてを消化し作り上げられたような、瑞々しくてカッコ良い、オリジナルな音楽。
いそうでいないタイプのパラグアイ人アーティストだと思う。

躍動感あるライブが楽しく大好きで、もう何回も行ってしまっている。
今年も暮れに、トリオでのライブをがっつり聴けて満足♪満足♪
文科省の補助で開催されている「Ciclo de ‎Música Jazzional」の一貫で無料。
珍しく、行って来たライブ動画が良い感じでアップされていました。


せっかくなので、私も2曲だけ撮ってみました。

これは、アルゼンチン・フォルクローレのチャカレラというリズムでの曲。
デジカメ容量に限りがあるので、これは曲の一部だけ。

ライブならではの楽しさがある曲。

アフロペルー(ペルーの黒人音楽)のフェステホというリズムの曲なのだそうです。

残念ながら、この手の音楽を聴きに来る人は、パラグアイには少ない。
もったいなので、少しでも国外の人に聴いてもらえたら良いな~。

国際ジャズの日に合わせて開催されている、今年4月に行われた、
「Festival dia internacional del jazz Asuncion 2015」での演奏。

好きなのよね、この曲。 隠し撮り?しちゃった。

オリジナル曲はパラグアイのミュージシャンとのトリオ演奏が基本みたいだけど、
ブラジルやアルゼンチンのミュージシャンとの交流も幅広く、
ブラジル音楽やアルゼンチン・フォルクローレ曲の共演も盛んなよう。

まだ30歳ぐらいという若さ(見えないけど)のペドロさん。
(ちなみにベースの彼は20歳ぐらいらしい)
今後の活動もすごく楽しみな存在だ。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/17(木) 16:44:57|
  2. ライブ鑑賞日記♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PYNANDI 大地とつながって生きる歌

PYNANDI 
パラグアイで一番好きなアーティストかもしれない。

ノルマさん(Norma Avila)がスペイン語とグアラニー語で歌う、自作の歌の数々を、
アレホさん(Alejo Jimenez)の、ぴったり合った卓越したギターが支えている。
ジャンルで言うと、現代フォルクローレなんだろうけど、
パラグアイでも他にこういう人達はいそうでいないと思う。
そんな特別な存在の彼らを昨日、久しぶりに間近で堪能できた。

DSCN6927.jpg
(今回も屋外ライブの予定だったが天候が怪しいため屋内に変更したそう)

彼らを初めて生で聴いたのは1年半前ぐらいの冬。
民家を利用したような小さな会場の庭でのライブだった。
腹の底に響いてくるような深い歌と彼女のオーラと、カッコいい演奏に、
たちまち強烈に惹きつけられた。

でも普段はあまりたくさん活動していないようで
(アレホさんはフラメンコライブでギター弾いてるの聴いたことあり)、
イベントで数回聴いたのを除けば、単独ライブを聴けたのはまだ2回目。
やはり、やはりすごく良くて、時折、目頭が熱くなった。

再生ボタンを押して聴く音楽とは違う、目の前で生で聴いてこその彼女の歌。
うまく言えないけど、「パラグアイの大地とつながって生きている歌」、
とでも言えば良いのかな。

勝手に例えると、日本で古謝美佐子の歌を生で聴いた時(←毎回号泣だったなぁ)
のような気持ちかもしれない。
笑顔で気さくに友達のように接してくれる、ノルマさんがまた素敵で大好きだ。

日本に住んでいたら、きっと知ることはなかった音楽だろう。
国外の私好みのアーティストはパラグアイにはなかなか来てくれないけど、
こういった、ここでしか聴けない素晴らしい音楽に出会うとまた、
パラグアイに来て良かった!と思ったりするものだ。


昨年の冬、初めて聴いたときのライブ。

先月、アスンシオンで開催された、メルコスール文化祭の舞台にも登場。
パラグアイを誇るアーティストとしての出演に大満足!会場は大喝采だった。

*メルコスールとは、アルゼンチン、ブラジル、ウルグアイ、パラグアイ、ベネズエラ、ボリビアが加盟する経済ブロックです。


アルバムを1枚だけ出しているけど、現物はまだどこでも見たことがなかった。
メルコスール文化祭の会場で売ったら、すごく売れたろうに、商売っ気がない彼ら。
ネットでダウンロードできるようになっているの知り、音源は入手していたけど、
ようやく昨日のライブで、ノルマさんが持って来られていたので、ついつい購入。
DSCN6931.jpg
PYNANDIのマーク(地球を表してるらしい)の袋入り、手作り感があって嬉しい。
ブックレットを持って来忘れたので、後日渡せるよう連絡先を教えてとのこと(笑)。
この歌でスペイン語とグアラニー語の勉強をしたいものだ。
  1. 2015/12/06(日) 12:33:17|
  2. ライブ鑑賞日記♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年もJAZZフェス♪

毎年9月にアスンシオンの Teatro Municipal で3日間行われている、
CCPA(パラグアイ・アメリカ文化センター)主催の JAZZフェスティバル。
主にパラグアイ・ブラジル・アルゼンチン・米国のアーティストが出演します。
今年で17回目、毎回、客席がほぼいっぱいになる人気のイベントです。

こちらに来た一昨年から、開催中どれか1日を観に行っています。
今年は2日目(9/12)に、アルゼンチンの名ピアニスト ADRIAN IAIES と、
パラグアイの若手ギタリスト Pedro Martínez をお目当てに行ってきました。

いつものことだけど、やっぱり Teatro Municipal は冷房が寒すぎる!!
薄手の羽織ものでは足りない!厚手の上着を持って行くべきでした。

♪ADRIAN IAIES (アルゼンチン)

大御所らしきこの人は、てっきりトリだと思っていたら、いきなり一番に来ました。
お腹が冷えて退散せねばならなくなるかもしれないので早めで良かった!

たまたまだけど私がCDを1枚持っているぐらいなので、かなり有名な方でしょう。
昔アルゼンチンを旅行中、ブエノスアイレスのCD屋さんで物色していた所、
何気なく目に付いて試聴、その洗練されたピアノを少し聴いただけで、
「これは買っておいて間違いなさそう!」と即買した1枚です。

その後も、そんなにヘビーに聴いていたというほどではありませんが、
「綺麗なピアノを聴きたいな」と思ったときに、時々愛聴していていました。
こちらへ引っ越して来る際にCDを大量に処分したのですが、
持っておきたいCDの分類に入り、今も手放さず持っています。

私が買ったのはタンゴ曲を演奏した「Nocturna」という作品だったのですが、
どうやらアルゼンチンを代表するジャズ系の名ピアニストのようです。
そんなアドリアン・イアイエスさんの出演が決まったという記事には、
アルゼンチン大使館からの Regalo(贈り物) と書いてました。太っ腹~!

と、前置きが長くなってしまいましたが、とにかく彼の演奏が生で聴けるのです。

IMG_0510.jpg

これがもう、期待以上に素晴らしくて、感動でした・・・!!!

優しくてエレガント、それでいて楽しい演奏!人柄が表れていそうです。
ピアノに吸い付くような美しいタッチを感じることができ、圧巻の一時でした。

「やっぱり、すごい人だったんだ~!!」と感激しつつ堪能して、
途中、トリオのドラムが抜け、ウッドベースが抜け、ソロになった頃には、
いつのまにか涙がじわ~と出てきはじめていました。
今までピアノの演奏を聴いて涙したことって、あるかな・・・。

すごいピアニストの演奏は、ピアノと一体になってる感があるものですが、
彼のソロ演奏は、まるでピアノで呼吸しているかのように感じました。
これは、CDでは感じることのできない感動なのだろうなと思います。

聴き覚えのある有名曲はやらなかったし、どの曲が好きとかいうのじゃなく、
彼がピアノを弾いているところを生でずっと聴いていたい!という気持ちでした。

本格的なピアノの生演奏を聴くのがすごく久しぶりだった、
というのを差し引いても、とてもとても素晴らしかったです。




やっぱりこれ、名盤ですね。

大満足で、ADRIAN IAIESさんだけでも十分来た甲斐があったのですが。
素晴らしい出演者は続きます。

♪Pedro Martínez (パラグアイ)

パラグアイ人の若手、正統派?ギタリスト。
現在はパラグアイの隣町、ブラジルのフォスドイグアス在住のようです。
パラグアイ南部オエナウでのギターフェスティバルにも今年3月に出演、
アルゼンチン・フォルクローレ界の重鎮 Juan Falú とも共演 していたりも。

前から一度、生で聴いてみたいなぁと思っていたのですが、
先日もアスンシオンでのコンサートに行きそびれていたので、
ちょうど聴けて良かった!

IMG_0522.jpg

パラグアイのポルカやフォルクローレ調のオリジナル曲が中心。
洗練されたアレンジでモダンに聴かせるのですが、
トリオでの演奏で、とても躍動感があって楽しめました!
比較的年配のパラグアイ人にもかなり受けていました。
(終演後にCDを買おうと思ったら売り切れ)

見た目がどちらかというと真面目そうで地味なペドロさんと対照的な、
妙にアグレッシブな出で立ちのベースの彼が気になるという以外は、
やはり正統派~という印象を受けていたのですが。

中盤、長いマイルスデイビス(たぶん)の曲で、やはり?

けっこう、ぶっ飛んでました!

途中、アコースティックギターからは聴いたことがないような、
ベンベン、ピヨンピヨンと変わった音を鳴らしていたのだけど、
あれは何なの??何か音を変える装置?を使っていたのかも・・・。

(過去の動画)




というわけで、今後も注目たい人です。

どことなく、笹久保伸さん(ギタリスト)にも似てる気もしてきた・・・違うか。

♪BEBOSSA (ブラジル)

全く知らなかったし、グループ名からは正直あまりそそられてなかったのですが。
アカペラのグループでした。爽やかで楽しくて、とても良かったです!

IMG_0549.jpg

ボサノバその他、ブラジルの色々な名曲を声だけで表現します。
人の声ってすごいな~とあらためて感心。会場からも大喝采でした!

もちろん実力もすごいけど、ブラジルには題材にできる良い曲がいくらでもあるから、
彼らは、いつまでも、末永く活動できるのだろうなぁ、と思ったりも。

(過去の動画)

大変美しい歌声でした!

JAZZフェス、来年も楽しみですなぁ。

→ 写真アルバム: Festival Internacional de Jazz de Asunción 20140912
  1. 2014/09/13(土) 23:10:29|
  2. ライブ鑑賞日記♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラモン・アジャラさんLIVE♪

すっかりブログ、ご無沙汰になってしまっていました。
最近、音楽ブログみたいになってきたけど、まあ気にしない気にしない~。

一時帰国した日本から帰ってまだ1週間もたたないうちに、
先日、週末を利用して、ブエノスアイレスに行って来ました!
ラモン・アジャラ(Ramón Ayala) さんのコンサートを観るためです♪

アジャラさんは、アルゼンチン北部ミッショネス地方出身の画家&詩人&音楽家。
(メキシコに同姓同名のアコーディオン奏者がいるようですが別人です)
出会いは、アスンシオンでの個展をたまたま目にしたのがきっかけです。

絵画にはほとんど縁のない私ですが、アジャラさんの作品にとても魅了されました。
その後、ずいぶん経ってからも気になってしょうがなく調べてみると、
アルゼンチン・フォルクローレの偉大なる音楽家で、
すでに何曲か曲も知っている人だったので驚き、感動でした!

アジャラさんの素晴らしい絵画のうちのひとつ ( Portal Guarani より)
ramon ayala cidade oleo expo manzana 2011 20 pinos san pedro portalguarani
アルゼンチン・ミッショネス地方の自然とそこに暮らす人・牛等を描いた不思議な色使いの作品が魅力的です。

アジャラさんの音楽は、やはりその絵画と通ずるものがあります。
今年初め、アジャラさんのCDを数枚入手できて、愛聴していますが、
何といいますか、もうかなり、メロメロになってしまっています。

他のたくさんの大好きなミュージシャンの誰かのように、
「曲がカッコいい!」とか「演奏がカッコいい!」とか
「声が素敵~♪トロけそう~」とか、
「曲が、演奏が、歌が、味わい深い~♪シビれるー!」とか、
そういうのとは、ちょっと次元が違う感じで好きなのです。

アジャラさんのCDを聴くと、お酒も飲んでいないのに、
なぜかいつの間にやら、酔っ払いのようになってしまうのです・・・。

昨年には幸運にも、自伝映画がアスンシオンの映画祭で放映されて、
なんとご本人が劇場に来られていて感激でした。 →その時のブログ

アジャラさんの自伝映画(予告編)

ミッショネスの自然やアジャラさんの魅力満喫のドキュメンタリー。日本語でも観たい・・・。

そのアジャラさんのコンサートが、ブエノスアイレスであるというのだ。
「これは、行くしかない!」
もうご高齢(77歳)で最近ほとんどコンサートはされてないみたいだし。
「このチャンス、逃すまい~!!」

というわけで、帰国直後で疲れてるけど強行しました。(前置きが長い・・・)
会場はブエノスアイレスのセントロにある、ND Teatro
10年ほど前の旅行中、Luis Salinas のトロけるギターを聴きに行った会場です。

ネットでチケット購入&座席指定もできるようになっていて、めっちゃ便利だった!
しかもしかも、前から3列目の真ん中が取れてしまったのだ~~!!(興奮)
というか、購入時1列目も空いてたけど、さすがに緊張しすぎそうなので遠慮。。。

これは遠慮しといて正解でした。客席とステージがものすごく近い!!
1列目だと、アジャラさんをすごく見上げないといけないので首が痛そう。
そうでなければ、アジャラさんの足ばかりを見ることになると思われます。

DSCN4772.jpg
会場はお客さんで一杯です。3列目でも十分近い!近すぎる~!!
開演が近づくにつれて、緊張が高まってきます。

そして。
最新アルバムでもバックを努めている、Los Núñez(ギター&バンドネオン) と
Facundo Guevara(パーカッション)達の怒涛の演奏(4,5曲)で幕を開けました!

彼らの演奏は素晴らしいけど、まだかまだかと、そわそわしていたら、
ついにアジャラさんが・・・「Cosechero」 を語り歌いながら登場しました~~~。
IMG_8246.jpg
アジャラさんだ、アジャラさんだ、アジャラさんだ♪じ~ん (Foto: by てつお)

号泣・・・!!

ライブの1曲目で必ず泣いてしまうのは、古謝美佐子さん(沖縄の女神のような歌手)と、リリアナ・エレーロ(アジャラさんの曲も歌ってるアルゼンチンのフォルクローレ歌手)と3人目だ。

ほんの3mほどの目の前でアジャラさんが歌ってる!(ミーハー)
IMG_8267.jpg
うわぁ~こっち見てるよー!照れるやん~!! (Foto: by てつお)

ステージにマイクが2本あったので、ゲストがいるな、と思っていましたが、
やはり来ました!アジャラさん曲を歌ったCDが好評の Cecilia Pahl さん♪
IMG_8255.jpg(Foto: by てつお)
たまたま、この日と前日に行った、アコーディオン奏者Lucas Monzón さんのライブでも、彼女がゲストで清らかな歌を聴いたとこなので嬉しいビックリ!すごい!つながってます!

DSCN4774.jpg
トレードマークの、たくさん弦があるギター。

IMG_8269.jpg(Foto: by てつお)
客席の女性と踊るシーンも。お約束のようです。

IMG_8273.jpg
お年だし少し声が出にくそうではあるけど十分満喫♪ (Foto: by てつお)

それにしてもアジャラさん公演、半分はアジャラさんのしゃべりだった気がします。
アジャラさんが何か言うと、客席がドッと笑う、その繰り返しでした。
スペイン語力が無いので、何となくしか言ってることが分からないのが歯がゆい!

IMG_8285.jpg
本当に、とても素晴らしいコンサートでした!!!  (Foto: by てつお)

そして客席の声援、もちろんアツかったです!
客層は過半数が中高年、その他は30代前後ぐらいの若めの層も結構いました。
アルゼンチンの皆に愛されているということが、よく分かった気がします。

とっても幸せな時間でした♪

アジャラさんが作り出した、気持ちいぃ~ Gualambao というリズムの曲。


あ、それと、まだご褒美がありました!
コンサート会場で、かなり貴重な本を売っていたのです。
1986年発行のアジャラさんの本で、楽譜や詩、イラストその他いろいろ満載♪
IMG2171.jpg IMG2172.jpg
ちょっと値が張るけど、勢いに任せて買ってしまいました~!
これでスペイン語の勉強をすることにしよう♪(できるかな・・・)
アジャラさんの詩が全部わかるようになりたいし!

そしてできることなら、

アジャラさんの描いた絵が欲しい~!!!

 ※個展の情報もとむ

ラモン・アジャラさんや、リリアナ・エレーロの音楽を聴くといつも、

「わたし同じ大陸にいる、あぁやっぱり南米に来て良かった

と思うのであります。

(長ったらしくてスミマセン。失礼しました・・・。)
  1. 2014/05/27(火) 00:05:57|
  2. ライブ鑑賞日記♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルシア塩満さんアルパライブ♪

先週、日本人アルパ奏者、ルシア塩満さんのコンサートに行ってきました。
アルパはパラグアイで盛んな中南米のハープです。

ルシアさんがアルパをはじめられたのは子供の頃で1969年とのこと。
今や日本人のアルパ奏者はたくさんいるみたいですが、当時は日本でアルパを習える先生がなかなかみつからなかったそうです。
それを聞くなり「え、こんなにお美しいルシアさんなのに、いったいおいくつ??」と疑問が・・・。

パラグアイの先生にも習い長年にわたり日本でもパラグアイでも演奏してこられた、
日本人アルパ奏者の第一人者のような方のようです。

今回は、菱本幸二さん・高橋マサヒロさんとのトリオでの演奏でした。
IMG1106.jpg
どこかで見たことがある人だな~、と思ったらそれもそのはず!
菱本幸二さんは、ボリビアのグループでも活躍している、
バリバリの有名なフォルクローレミュージシャンで、
日本でコンサートに行ったことがある方だったのです。

日本ではアルパとフォルクローレの組み合わせも結構あるようですが、
ここパラグアイでこの組み合わせの演奏は珍しいように思います。

ルシアさんの華やかで素晴らしいアルパの演奏に寄り添うように、
ギターをはじめチャランゴ、サンポーニャ、ケーニャ等、
様々なアンデスの楽器その他をあやつる菱本さんと高橋さん。

プログラムの中盤、来ました!フォルクローレ曲のコーナー。
菱本さん、笛吹きまくり!圧巻!いやー、すごかった!

そういえば、昨年のペルー旅行でサンポーニャ買ってみたものの、
音を出すのが難しすぎて、部屋の飾りとなってしまってます・・・。

後半は、特別ゲストでパラグアイのアルパ奏者も登場。
IMG1109.jpg
マルティン・ポルティーリョさんが演奏すると、また違った空気が流れました。
ソフトな笑顔そのもののような、まろやかなアルパでこれまた素晴らしかったです。

昨年パラグアイで大ヒットした映画「7cajas」の監督も招待されていました。
IMG1110.jpg
ものごし柔らかでカッコ良いマネグリア監督は特に女性に人気。
私もちゃっかり一緒に写真も撮ってもらいました。

このコンサートは日系企業その他からの寄付で運営されており、入場無料でした。
大変ありがたいことです。
            → 昨年の世界アルパフェスティバルの様子
  1. 2013/08/27(火) 00:30:50|
  2. ライブ鑑賞日記♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。